Self Training Cafe

なりたいあなたになるトレーニング

Welcome to Self Training Cafe♪

IMG_0372

Nao Kiyota
塾講師として「もっと楽しく、もっと学ぶ!」をモットーに日々子どもたちと格闘しながら、魅力的な自分になるため、セルフトレーニグコーチとして修行中。

学びをシェアするため、執筆活動にも励んでいます。掲載していただいた記事を紹介中。
あなたのセルフトレーニグに役立ちますように……!

© Self Training Cafe All rights reserved.

シミやたるみを引き起こす食生活とは?ダイエッターは今すぐCheck!

日本の朝食

□朝食はコンビニで買った野菜ジュースに菓子パン、カフェでホットコーヒー

□ランチも手軽におにぎりや野菜サラダ。パスタも大好き

□間食にはチョコやお菓子が欠かせない

□夕食も自炊は不可能。買ってきたお弁当で済ませている

 

こんな食生活、続けていませんか?

こんな食生活が続いていれば、朝からシャキッとやる気は出ないし体内の代謝も悪く冷え性や生理不順に悩まされているでしょう。イライラしやすかったり、化粧のりも悪い。今すぐ食生活を見直さないと、ぷるっと潤う美肌もキュッと引き締まったボディも育ちません。

心が不安定になるのも、疲れがなかなか抜けないのも、老廃物をうまく排出できずに溜め込んでしまうのも、「糖質過多・たんぱく質不足・ミネラルやビタミン不足」が原因です。私たちの身体は食べたものから取り入れた栄養素でつくられ、動いています。美しさをつくるのなら、材料をきちんと取り入れなければなりません。あなたをつくる材料を選び取る「食事」をおろそかにしては、美を育てることなんてできないのです。

 

■炭水化物中心、野菜やたんぱく質が不足した食生活がシミやたるみ、倦怠感の原因

お米やパン、麺類などに豊富に含まれる糖質の摂り過ぎは、シワやたるみなど”老化”の原因です。もちろん、糖質は大事なエネルギー源ですから必ず食べなければならない必要な栄養素。しかし摂り過ぎは太るだけでなく心の安定や肌の美しさまで奪ってしまうのです。

私たちの身体をつくる細胞の材料は「たんぱく質」。内臓の筋肉だって、メリハリボディをつくる筋肉だって、爪だって、髪だって、新しい肌細胞だってたんぱく質が不足すればつくられません。それどころか、今ある筋肉を分解し、あなたの身体を削ってまで補おうとします。確かに身体を削れば体重は減るでしょう。しかしそれは美しさとはかけ離れています。ゲッソリしてたるんだ水分と筋肉のない痩せたカラダを望んでいるのではありませんよね。

 

■美しい女性は、食べている

今よりもスマートになるためには、確かに食事量を減らす必要があるかもしれません。ですがやみくもに摂取カロリーを減らすことが美しいカラダをつくるとは限りません。あなたのカラダを鍛え、引き締めるのは自然のコルセットである”筋肉”だけ。筋肉を育てるには、たんぱく質が必要です。そして食べたものから栄養を吸収し、使うためには消化や吸収を助けるビタミンやミネラルの力も不可欠です。

必要なものはしっかりと食べること。食べなきゃキレイはつくれません。肉も、魚も、卵も、野菜も、果物も、必要なものをしっかりと食べること。量ばかりにとらわれて、必要な栄養が不足してはいつまでたってもキレイになれません。

 

肌荒れも、代謝不足も、栄養不足が原因かもしれません。あなたに必要な栄養素をしっかりと取り入れる生活をはじめませんか?

関連記事

Nao Kiyota 0605-3

Aさんへ

先日ホームページよりメッセージをいただいたのですが、 表示されているメールアドレスに返信できなかったので、こちらで返信させていただきます。…

IMG_0522

Self Training Cafe

Fotolia_82912936_Subscription_Monthly_M-1024x682

20162/21

効率よくスリムを実現!ダイエットに効くスーパーフードまとめ10選

エネルギッシュで老廃物を溜め込まない“痩せやすい体質”に整えるには、体内を活性化させる栄養素が不可欠。栄養価の高い「スーパーフード」を活用し…

mathites-sxoleio-paidia-school

20162/21

すごい!すぐにやってみよう!脳の力を125%発揮させる「百ます計算」の効果とやり方

「うちの子、集中力がなくて・・・」「まだ小学校低学年なのに、授業についていけてないみたい」 学校での勉強の流れにうまく乗れずに遅れてしまう…

mothers

20162/21

頑張りすぎない!ママも自分の人生を楽しむための〝3つの息抜き法〟

「自分のことより、子どもを優先」「しつけや勉強習慣は、親の責任」と、頑張りすぎていませんか?お母さんが楽しそうに活躍している家庭では、子ども…

ページ上部へ戻る