Self Training Cafe

なりたいあなたになるトレーニング

Welcome to Self Training Cafe♪

IMG_0372

Nao Kiyota
塾講師として「もっと楽しく、もっと学ぶ!」をモットーに日々子どもたちと格闘しながら、魅力的な自分になるため、セルフトレーニグコーチとして修行中。

学びをシェアするため、執筆活動にも励んでいます。掲載していただいた記事を紹介中。
あなたのセルフトレーニグに役立ちますように……!

© Self Training Cafe All rights reserved.

たんぱく質だと思って食べていたのに、ダイエット効果無しの可能性大!?

日本の朝食

私たちの周りには便利で手軽な加工食品が溢れています。しかし、加工の過程で糖質がたくさん加えられていたり、保存ができるようにするためにカタカナ表記のよくわからない物質がたっぷり含まれているのです。いくら「肉」や「魚」だと言っても、自然の食材にはたんぱく質量は勝てません。それどころか余分な糖質を過剰に摂取する結果になりかねません。

 

■ハンバーガーやナゲット、ハムやベーコンではたんぱく質を補給できたとは言えない

加工食品はほどほどにすべきです。いくら肉や魚が原料だとはいっても、製造過程で砂糖が大量に使われていたり、小麦粉や調味料が混ざっていて、たんぱく質以外に糖質もたっぷり含まれている場合がほとんど。ジャンクフードを食べて「たんぱく質をとった♪」気になってはいけません。やはり加工食品はほどほどにして、自然の食材から栄養を摂取すべきです。

また、熱や殺菌による加工過程で奪われてしまうビタミンやミネラルなどの大事な栄養素も自然の食材には豊富に含まれています。たんぱく質だけ摂取しても、吸収や運搬を助けるビタミンやミネラルが不足してはうまく使うことができず、結局溜め込んでしまいます。栄養学から言っても、なるべく手作りの食べ物を選ぶことが正しいのですね。

 

■インスタント食品も侮ってはいけない

インスタント食品には、添加物がたくさん含まれています。また、保存や殺菌のために加熱をすることで食物酵素はほとんど全滅しています。酵素は栄養素のエネルギー変換を助ける重要な存在。食材から酵素が補給できないと体内の酵素が使われるばかり。こんな食事を続けていれば体内の酵素が減り、代謝の悪い身体をつくってしまいます。添加物や化学調味料は血液をドロドロにする可能性もあり、好んで選び取る利点はありません。

酵素は熱に弱いため、生の野菜や魚を食べることもとても大切なのです。何を食べたら良いのか分からなくなったときは、素材が見えるかどうか、を基準にすることをおすすめします。元の姿と全く違う見た目になっている食べ物ほど、いろいろなものと加えて加工したものだからです。焼き魚には魚だったころの面影がありますが、ちくわにはありませんよね。

 

関連記事

Nao Kiyota 0605-3

Aさんへ

先日ホームページよりメッセージをいただいたのですが、 表示されているメールアドレスに返信できなかったので、こちらで返信させていただきます。…

IMG_0522

Self Training Cafe

Fotolia_82912936_Subscription_Monthly_M-1024x682

20162/21

効率よくスリムを実現!ダイエットに効くスーパーフードまとめ10選

エネルギッシュで老廃物を溜め込まない“痩せやすい体質”に整えるには、体内を活性化させる栄養素が不可欠。栄養価の高い「スーパーフード」を活用し…

mathites-sxoleio-paidia-school

20162/21

すごい!すぐにやってみよう!脳の力を125%発揮させる「百ます計算」の効果とやり方

「うちの子、集中力がなくて・・・」「まだ小学校低学年なのに、授業についていけてないみたい」 学校での勉強の流れにうまく乗れずに遅れてしまう…

mothers

20162/21

頑張りすぎない!ママも自分の人生を楽しむための〝3つの息抜き法〟

「自分のことより、子どもを優先」「しつけや勉強習慣は、親の責任」と、頑張りすぎていませんか?お母さんが楽しそうに活躍している家庭では、子ども…

ページ上部へ戻る