Self Training Cafe

なりたいあなたになるトレーニング

Welcome to Self Training Cafe♪

IMG_0372

Nao Kiyota
塾講師として「もっと楽しく、もっと学ぶ!」をモットーに日々子どもたちと格闘しながら、魅力的な自分になるため、セルフトレーニグコーチとして修行中。

学びをシェアするため、執筆活動にも励んでいます。掲載していただいた記事を紹介中。
あなたのセルフトレーニグに役立ちますように……!

© Self Training Cafe All rights reserved.

納豆やネバネバ食材が食べたくなる話

さてさて、みなさんは今日の朝ごはんに何を召し上がりましたか?フルーツとヨーグルト?菓子パンとコーヒー?ごはんに納豆&オクラ…?

何を食べたかでキレイなカラダになるか、腸の中に生ゴミがたっぷり溜まったカラダになるかが決まります。

口や胃を通過した食べ物はだんだんと小さく分解され、必要な栄養素の形になって小腸で吸収されます。このとき、大事な栄養と一緒に食べ物のかすや細菌の死骸なども小腸まで運ばれます。

大切な栄養素とゴミが一緒になってやってくるのです。小腸って大変!必要な栄養はしっかりと吸収して使い、不要なものは処理して排出できるようにしないといけないのです。

ここで、小腸がよろこぶ食事をするかどうかが大きな分かれ道。

ゴミをからめとってまとめて大腸へと移動させるための食材を食べなければ、上手く栄養を吸収することができません。また、溜まったゴミがスムーズに運ばれずに滞り、腐敗していきます。

私たちの体温は温かいですよね。実は小腸や大腸の中は湿気はあるし、温かいし、夏に生ゴミを出しっぱなしにしている状態に近いのです。

この状態で生ゴミが移動しなかったら…当然、腐ってしまいます(おならがものすごく臭いとき、腸の中ではゴミが腐っているのです)。

怖い!笑

この生ゴミたちをからめて一緒に移動してくれる救世主が不溶性の食物繊維です。

不溶性なので消化の間で溶けてなくなることがありません。繊維質が残ったまま、小腸や大腸まで運ばれます。この子が足りないと、

慢性的な便秘を引き起こしたり、循環システムがスムーズにいかずに余分なものを溜めやすいからだになってしまいます。

不溶性の食物繊維がたっぷりと含まれた食材は、納豆、オクラなどのネバネバ食材、いんげん豆、モロヘイヤ、枝豆などの豆類やおから、キクラゲや干し椎茸、エリンギなどの乾物にも多く含まれています。

不溶性の食物繊維は腸のお掃除やさん♪積極的に食べたい食材です。

どんなに摂取カロリーが低くても、ヨーグルトやコーヒーなどの栄養の偏った食事ばかりでは内臓を働かせてしっかりとエネルギーを使えるからだにすることはできません。

食べたものから栄養を取り出し新しい細胞を育てること。不要なものをしっかりと排出して溜め込まない、腐らせないスムーズな循環システムをつくること。これができていれば、太ることはありません。ダイエットなんて不要です♪

食べたくなってきましたね♪納豆やオクラ!笑そうやって、カラダにいいことを知っていくと食べたいものが変わってきます♡するとガマンなんてしなくたって勝手にキレイになっちゃいます♪

これが自分を愛する、幸せダイエットです♡

愛される人になるためには、あなたを大切に、愛すること♡カラダがよろこぶものを食べることもあなたを愛することですね♪

 

 

関連記事

Nao Kiyota 0605-3

Aさんへ

先日ホームページよりメッセージをいただいたのですが、 表示されているメールアドレスに返信できなかったので、こちらで返信させていただきます。…

IMG_0522

Self Training Cafe

Fotolia_82912936_Subscription_Monthly_M-1024x682

20162/21

効率よくスリムを実現!ダイエットに効くスーパーフードまとめ10選

エネルギッシュで老廃物を溜め込まない“痩せやすい体質”に整えるには、体内を活性化させる栄養素が不可欠。栄養価の高い「スーパーフード」を活用し…

mathites-sxoleio-paidia-school

20162/21

すごい!すぐにやってみよう!脳の力を125%発揮させる「百ます計算」の効果とやり方

「うちの子、集中力がなくて・・・」「まだ小学校低学年なのに、授業についていけてないみたい」 学校での勉強の流れにうまく乗れずに遅れてしまう…

mothers

20162/21

頑張りすぎない!ママも自分の人生を楽しむための〝3つの息抜き法〟

「自分のことより、子どもを優先」「しつけや勉強習慣は、親の責任」と、頑張りすぎていませんか?お母さんが楽しそうに活躍している家庭では、子ども…

ページ上部へ戻る