Self Training Cafe

なりたいあなたになるトレーニング

Welcome to Self Training Cafe♪

IMG_0372

Nao Kiyota
塾講師として「もっと楽しく、もっと学ぶ!」をモットーに日々子どもたちと格闘しながら、魅力的な自分になるため、セルフトレーニグコーチとして修行中。

学びをシェアするため、執筆活動にも励んでいます。掲載していただいた記事を紹介中。
あなたのセルフトレーニグに役立ちますように……!

© Self Training Cafe All rights reserved.

デスクワークをしながらやせる姿勢とは?!

内臓脂肪

デスクワークや長時間からだを動かさないとき、首や肩がこりますよね。コリは血液やリンパ液がスムーズに流れずに渋滞している証拠。

すると栄養も老廃物も動かずむくみや代謝が悪くなる原因です(詳しくはこちらの記事をお読み下さい♪疲れを溜めると太る)。

渋滞を防ぐには流れやすくしてあげることが大切。筋肉に負担をかけてカチコチに固まるのを防ぐ必要があります。そのために必要なことは姿勢を正すことでしたね♪

正しい姿勢はコアマッスルも鍛え、自然とメリハリボディにしてくれる最高のトレーニングです♪健康で美しくなるには姿勢を正すことが大切♡今回は座っているときの正しい姿勢をご紹介します(ぜひやってみてください♡)!

 

【体内の水分の循環を滞らせない姿勢】

①両ひざをつける 

太ももをそろえてひざをつけます。

 

②ひざの角度を90度にする 

ひざの真下にくるぶしがくるようにします。気づくと内側に引いてしまいがち。気づいたら90度にするようにしましょう。

 

③お尻の真上に腰を乗せる

お尻と腰の角度も90度になるのがベスト。お尻よりも後ろに寄りかかって斜めになっていたり、お尻よりも前にそってしまっていると支えるために腰まわりの筋肉に負担がかかります。こって、栄養も老廃物も流れなくなりますよ~

 

④おなかを真っ直ぐ伸ばす

お尻の真上に腰をのせるようにすると、自然とお腹がまっすぐになります。この状態で背中とお腹をくっつけるようなイメージで下腹をへこますと、これだけでトレーニングに。クビレが手に入ります♡

 

⑤肩と首もまっすぐにする

最後に、腰と同じように肩の真上に首がのり、まっすぐになるようにします。首が斜めになると重たい頭でかなり負担がかかりますからここは重要です!肩こりも改善して、栄養も行き届くから集中力もUPします♪

目安としては、天井を向いて首をまっすぐにします。あごと首が一直線になるようにしてください。そして、首の位置をそのままキープしてあごだけを引いてまっすぐに前を見てください。

 

どうでしょうか?思ったよりも首が後ろの方にないとまっすぐになりませんよね(これで普段どのくらい前屈みになってしまっているのかが実感できると思います)。

姿勢が良いだけで、女性は美人に見えます♪体内の循環も滞りにくくなるから、老廃物も流れてむくみにくくなりますし、酸素や栄養も頭まで届いて集中力もUP!さらに良い姿勢を続けることでインナーマッスルも鍛えられるからメリハリボディが手に入ります♡

元気に仕事をこなして、美人にも近づける♡美容に良いと思ってやっていると毎日もっと良くなっていくことが実感できるから楽しんで仕事にとりくめますよね♪楽しめば楽しむほど、効果は倍増します。脳は楽しいことや幸せなことをたくさんやりたい!と思って実行するようにできていますから♡

 

みなさんも姿勢を良くしてこころとからだをほぐしてください♡リラックスもできて疲れ知らずになれるから、ふんわりやさしい、美人になれますよ~♪

むふふ♪今日もまたパソコンをしながら一歩美人度が上がっております♪

 

 

関連記事

Nao Kiyota 0605-3

Aさんへ

先日ホームページよりメッセージをいただいたのですが、 表示されているメールアドレスに返信できなかったので、こちらで返信させていただきます。…

IMG_0522

Self Training Cafe

Fotolia_82912936_Subscription_Monthly_M-1024x682

20162/21

効率よくスリムを実現!ダイエットに効くスーパーフードまとめ10選

エネルギッシュで老廃物を溜め込まない“痩せやすい体質”に整えるには、体内を活性化させる栄養素が不可欠。栄養価の高い「スーパーフード」を活用し…

mathites-sxoleio-paidia-school

20162/21

すごい!すぐにやってみよう!脳の力を125%発揮させる「百ます計算」の効果とやり方

「うちの子、集中力がなくて・・・」「まだ小学校低学年なのに、授業についていけてないみたい」 学校での勉強の流れにうまく乗れずに遅れてしまう…

mothers

20162/21

頑張りすぎない!ママも自分の人生を楽しむための〝3つの息抜き法〟

「自分のことより、子どもを優先」「しつけや勉強習慣は、親の責任」と、頑張りすぎていませんか?お母さんが楽しそうに活躍している家庭では、子ども…

ページ上部へ戻る