Self Training Cafe

なりたいあなたになるトレーニング

Welcome to Self Training Cafe♪

IMG_0372

Nao Kiyota
塾講師として「もっと楽しく、もっと学ぶ!」をモットーに日々子どもたちと格闘しながら、魅力的な自分になるため、セルフトレーニグコーチとして修行中。

学びをシェアするため、執筆活動にも励んでいます。掲載していただいた記事を紹介中。
あなたのセルフトレーニグに役立ちますように……!

© Self Training Cafe All rights reserved.

心のコリを見つけると、あなたは変わる

肩こり・腰痛などのカラダのコリはすぐに気づがつきますよね。

(痛いんだから、当たり前か…)

でもね、自分の心のコリってなかなか気づけません。

 

 

 

たとえば私だったら、

「もっとやせたい!」

「もっともっとキレイになりたい!」

ってもがいて、

すぐには変われない自分に直面して、

また落ち込む。

「あの人はキレイでいいなぁ」

ってうらやましがってみたり…。

 

 

 

一見向上心があっていいような気もするけれど、

実は心がコリ固まっていて、

ストレスがどんどんたまっています。

 

 

 

その心のコリとは、

「こうしなきゃ!」「私はこうでない」

の根底にある

「外見が良くないと、自分を好きになってもらえない」

っていう考え方。

 

 

 

これがある限り、

どんなに頑張っても、一生満足できません。

ダイエットだって、終わりは見えない。

やせてもやせても、「もっと」となるだけ。

 

 

 

心理学では、

何かものごとが起こったときに

パッと思いつく反応(思考)のことを

「自動思考」といいます。

 

 

 

新しいキャラクターを見て

「あ!かわいい!」と思うか

「これはかわいくないな…」と思うかは

人によって違いますよね。

 

 

 

仕事でミスをして上司に注意されたとき

(学校で何か失敗をして、先生に注意されたとき)

「怒られた…

きっとできない人だと思われただろうな…

どうしよう…

もう次の仕事を提出するのが怖い!」

と思うか、

「人には間違いは必ずある。

次は間違えないようにしよう!」

と思うかも人によって違います。

 

 

 

「こんな形のものを見たらかわいいと思う」

「こんな出来事が起こったらうれしい」

「こんな出来事があったらイラッとする」

 

 

 

ある出来事に直面したときにどんなふうに考えるかは、

これまでの経験からつくりあげてきた

価値観や人生観と照らし合わせ、

同じように反応するしくみになっているのです。

これが「自動思考」。

 

 

 

好みの顔の人を見て、

「えっと、鼻がこうなって、顔の形がこうで…

全体的にこうだから…うん!素敵!」

なんて判断に時間がかかったりしませんよね。笑

 

 

 

見た瞬間、「あ!あの人ステキ♡!」

となるはずです。

 

 

 

この自動思考は、これまで生きてきた中での

さまざまな経験からつくられています。

 

 

 

そしてこの自動思考は、

私たちの気分や行動だけでなく、体調まで左右します。

 

 

 

自分に対して否定的な自動思考の持ち主は

うつ傾向になったり、

前向きに考えられなかったりすることがあります。

 

 

 

自分に対して肯定的な自動思考の持ち主は

自分のしている行動や表現に

満足したり、自信をもったり、幸せを

感じることができます。

 

 

 

もちろん、どちらかだけなのではなく、

人は両方の自動思考を持っていると思います。

分野によっても違いますよね。

 

 

 

さらに、この自動思考のもとになっているのは、

その人の基本的な価値観や信念。

心理学ではこれを「スキーマ」といいます。

 

 

 

「こんな私ではきっと受け入れてもらえない」

「外見がよくないとダメ」

「任された仕事は完璧にこなさなければいけない」

 

 

 

こんなスキーマをもっていると、

ちょっとした出来事で

「私じゃダメなんだ」

「外見がよくないから、

きっとあの人には好かれない」

「また失敗した。私はダメだ」

こんな自動思考を引き起こしてしまいます。

 

 

 

このように、私たちはあるできごとが

起こったときに、

スキーマに影響された自動思考で

そのできごとを判断して

感情や行動を選んでいるのです。

【できごと】→【認知】→【感情・行動】

 

 

 

どうしても変えたい考え方や行動があるとき、

表面ばかりにとらわれていては解決しないことがあります。

 

 

 

また、自分に否定的な自動思考やスキーマは

できれば変えた方がメンタルヘルスが保てますよね。

人間だから、

落ち込んだり「こうであるべき!」という美学を

追求することも必要です。

でも、それが行き過ぎたら苦しくなってしまう。

 

 

 

「何をやってもダメなんだ」とか

「だから私はダメなんだ」という

否定的な自動思考を

「こんないいところもある」

「失敗することもあるけど、

うまくいくこともたくさんある」

 

 

 

こんなふうに変えることができたら、

「このいいところをもっと活かそう」

「うまくいく回数を増やそう」って

前向きに考えることができますよね。

 

 

 

あなたにとってよくないスキーマが

「心のコリ」。

そして、より幸せに、より建設的に

ものごとを考えることができる

自動思考に変えて行くこと。

これが「心のコリをほぐす」ということ。

 

 

 

心理学では

「認知行動療法」といって、

うつ病などのこころの病気を

治すのに用いられています。

 

 

 

いやいや、

さんざん苦しんで、

病気になってしまった後に

初めて使うなんて、もったいない!

 

 

 

もっともっと日常で、

より幸せになるために使うべきです!

ストレスを溜めない生き方。

自分を好きになれる考え方。

 

 

 

これが選べる人は、

健康で幸せな人生を選べます。

 

 

 

ダイエットだって、

自分を好きになったら

「こんなんじゃダメだ」

「また食べちゃった、本当にダメだ…」

なんてストレスが無くなるから、

このストレスで過食することも無くなる。

 

 

 

美味しく食べて、満足して、

お腹が本当に空いたとき

(カラダが必要としているとき)

にだけ食べていれば、

太るなんてことはないはずです。

 

 

 

変わりたい!と思う人に必要なのは、

「あの人が変わった方法」ではなくて

それを達成するための行動を阻む

「心のコリ」をほぐすこと

じゃないかなって思います。

 

 

 

心(スキーマ)が変われば、

ものごとに対する捉え方(自動思考)が変わる。

すると行動が変わる。

そうしたら、あなたは劇的に変わります。

 

 

 

「変わりたい!」って努力して、必死で、

でもできなくて、自分を責めて……

きっとずっとずっと苦しかったと思います。

もっと自分を許して、好きになって、癒すべき。

 

 

 

あなたがあなたのことを心から好きになったとき、

今のあなたの考え方や行動に「いいね!」と

思えたとき、人生は劇的に変わります。

望む未来が手に入ります。

 

 

 

あなたはどんな自動思考をしていますか?

それはどんなスキーマが引き起こしてる?

 

 

 

心のコリはなかなか見えないものだから、

よーく耳を傾けて、

見つけてあげなきゃいけません。

 

 

 

自分の心に耳を傾けてみてください♡

あなたを苦しくしている、

否定的な心のコリを見つけてください。

そして、ほぐしましょ♡

 

 

 

読んでくださってありがとうございました♡

あなたの心とカラダのコリをほぐせる

ほぐし屋さんになりたいです!

もっともっと頑張ります♡

 

 

Self Training Coach: Nao

関連記事

Nao Kiyota 0605-3

Aさんへ

先日ホームページよりメッセージをいただいたのですが、 表示されているメールアドレスに返信できなかったので、こちらで返信させていただきます。…

IMG_0522

Self Training Cafe

Fotolia_82912936_Subscription_Monthly_M-1024x682

20162/21

効率よくスリムを実現!ダイエットに効くスーパーフードまとめ10選

エネルギッシュで老廃物を溜め込まない“痩せやすい体質”に整えるには、体内を活性化させる栄養素が不可欠。栄養価の高い「スーパーフード」を活用し…

mathites-sxoleio-paidia-school

20162/21

すごい!すぐにやってみよう!脳の力を125%発揮させる「百ます計算」の効果とやり方

「うちの子、集中力がなくて・・・」「まだ小学校低学年なのに、授業についていけてないみたい」 学校での勉強の流れにうまく乗れずに遅れてしまう…

mothers

20162/21

頑張りすぎない!ママも自分の人生を楽しむための〝3つの息抜き法〟

「自分のことより、子どもを優先」「しつけや勉強習慣は、親の責任」と、頑張りすぎていませんか?お母さんが楽しそうに活躍している家庭では、子ども…

ページ上部へ戻る